スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(48)《仮定法-13》

「もし~がなければ」 の構文:

一般のテキスト・参考書にはこの構文に対して there 構文が使えることが記してない。

「もし空気がなければ我々は生きてはいられないだろうに」 という文は下のように書ける。

(1) If there were/was no air, we couldn't be alive.
(2) If there weren't/wasn't air, we couldn't be alive.
(3) Without air, we couldn't be alive.
(4) But for air, we couldn't be alive.
(5) If it were not for air, we couldn't be alive.

if it were not for というわけの分からない言い方が 「もし~がなければ」 という意味になる説明は一般のテキキス・参考書には記してあるのを見たことがない。 生徒もまた例の分からないままの暗記を強いられている。

先に引用した若林俊輔教授の本の中に下記のような解説があった。 記憶を頼りにそれをお借りするが、 この本は現在手元にないのでページ数は分からない。 記憶に間違いがなければよいが...

it : 状況の it (現在我々が生きていられるという現状)
for: 原因の for ( 「お陰」 と訳すと分かりやすいかもしれない)

これらを組み合わせると、 if 「もし」 it 「我々が今生きていられることが」 for air 「空気のお陰」 were not 「でない」(ならば)ということで全部入る。 これを簡単に 「空気がなければ」と縮めて訳しているだけだ。

but for という前置詞句がなぜ without と同じ意味になるのかも説明がしてあるのを見たことがない。

この for も上の for と同じもので 「お陰」 である。 but に問題があるわけだが、 これは 「除く」 (よくある anything but の but と同じもの) の but で、 二つ合わせて 「お陰を除けば」 → 「お陰がなければ」 ということで without と同意になる。

 だがここで注意すべきは but for にも without にも if の意は含まれていないから、 これらの上に「if の気持ちを乗せて使っている」としなければならないことだ。

if it were not for の過去用の形はむろん if it had not been for である。

without が 「なければ」 という気持ちを表すのに使われるから with はまた 「~があれば」 の意に使われる。

With your help, I could be successful.
(あなたの援助があれば、 うまく行くのですが)


It is time ... の構文: 適時とのズレを表す構文。訳は 「もう~してもいい頃だ」。

もう~すべき時になっているのに~していないことを表す叙否文。

time の前に about や high が付くことがある。 時間を表す語に high が付くと其のときの高まりということであろう 「真っ盛り」 を表す。 high noon 「真昼」 、 high summer 「盛夏」 (各自辞書参照)。

PEU p.602 にはこの構文は 「現在・未来」 に使うとある。 PEG p.399 にはこの構文では、I/he/she/it には were は続けられないとある。

またこの構文の後半に進行形が続く例文は普通のテキスト・参考書には見られないことにも注意を要する。

It's time we went. (もう出かける時間です)
It's time we were leaving. (もう出かけている時間です)
It's time I was going. (もう出かけている時間です)
(PEG p.399 より)


スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

tag : 仮定法

コメントの投稿

非公開コメント

すごい

わかりやすい!!しっかりと意味がつながるのでリンクしていく感じがします。
ただの暗記ではなく意味をつなげていく、こういうことが文法であるべきだと感じます。

いやーすばらしいサイトにめぐり合えて幸せです☆
プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。