スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/22のツイートまとめ

zawadix

自分はこのテキストによって「ドブねずみ英語」で固まっていたアタマを叩き割られた。40歳頃のことだったが、それから英語の学習の仕方が変わって、やり直し始めた。しかし、この「聖書」はこれだけを眺めていてもダメだ。その裏に流れる理論を教えてもらう必要がある。それが残念、困難なのだ。
07-22 17:35

自分がこんな事を書けるようになったのはGDM(Graded Direct Method)という指導法を習ったからだ。これに使うテキストはYohanから出ている"English Through Pictures"(日本名"絵で見る英語"・3巻)だが、これ程真剣に熟読した本はない。
07-22 17:28

文字という「記号」で書かれたものを読んで状況が理解できる段階に成長するのだ。これが一番「抽象度」の高い段階だ。日本の「学校英語」では文字から入って「訳し」、文法という「交通規則」に従わせる。言語習得の段階を完全に逆にやっているから、「日本人は英語ができない」。実感体験設定をせよ。
07-22 17:20

人は熱いものに触れて「熱ッ」と同時に発話して言葉を覚える。この「実感体験+同時発話」を何度も繰り返すと、次に「テレビの段階」に入れる。自分はその場に居なくても、目と耳からの情報で物事が理解できる。その上は「ラジオの段階」だ。音だけの刺激で現場が分る。更に進むと「文字の段階」だ。
07-22 17:14

昨日は物質名詞の定義を書いたが、あれは「ドブねずみ教師」に示したものだ。どだい「物質名詞」などという文法用語を覚えさせること自体が不要だ。本国の幼児はそんなことなど何も知らないでmilkとbookを使い分けるからだ。こうなるように指導するには「実感体験」と「同時発話」から入る。
07-22 17:05

英文法革命-(時制)

(6)《進行形の学習-3》

前項では状態動詞の進行形を見た。

stand は 「立つ」 という動作動詞にも使われる。その場で立つことの始めと終わりが見られる場合である。人が椅子から立ち上がり始めて立ってしまうまでの期間の動作は、

He is standingfrom the chair.

としなければならない。

動作動詞の表す行動はその人の起こす動作であるから何らかの自意志が含まれている。

そして立ってしまった後は He is standing on the floor. と前項の状態動詞の進行形となる。

今は立っているのだが、 どうせ後でどこかに座るであろうし (時間に制限) 、 何かの目的があって立ったのであろう (自意志) から進行形でなければおかしい。

ここまでで分かることは、進行形を理解するには、単に動詞を状態動詞と動作動詞に分けるだけでは不足があるということである。

状態動詞は更に2つに分ける必要がある。


1. 動作動詞 = その場で始めと終わりが感じ取れる動作を表す
  状態動詞 = その場でそれが感じ取れない行為を表す

2.動作動詞:(自意志含有)→進行形可能
 状態動詞:(自意志含有)→進行形可能
        (自意志なし)→進行形不可能 
         (下記の注釈をも参照)

stay とか wait とかその場で行為の始めと終わりが感じ取れない状態動詞が進行形で使われるのは、 自分の意志によりその行為の始めと終わりが自分の意志によりスイッチ・オフにすることができる、 即ちその期間を自分で自由に支配できるからである。

さて、 keep standing に戻りたいが、 The telephone was ringing. という無生物の主語を使った進行形は 「そのうちに鳴り止む」 という気持ちが誰にでも働くから進行形が可能だ。

そしてしつこくなり続けたことを表すには、 この was の所に kept を入れて、The telephone kept ringing. とすればよい。

ジーニアスの I kept standing for an hour. についての注釈はすぐには理解しにくいがここまでくれば分かるはずである。 「よし、 オレは今から1時間の間立っている」と決めて立ち続けていたのならこれでよい。

仕方なく立っていて時計を見たら1時間経っていたのなら I stood for an hour. でなければならない。このstoodは状態動詞。

stand を自意志で「立つ」という動作動詞として使ったのなら、I kept standing for an hour. は立ち上がるという動作を1時間の間し続けたということである。即ち、立ったり座ったりを1時間繰り返したわけである。

(注)だが、LONGMAN DICTIOONARY OF CONTEMPORARY ENGLISHのkeep (on) doing sthの項にはI keep forgetting to mail this letter. という文例が載っている。forgetは無意志の状態動詞だ。

この用法は、alwaysと進行形の組み合わせのように「愚痴」などを表す別形である。「~してばかりいる」を述べる形である。

この予備校のテキストには講師が記入する使用後アンケート用紙が必ず付いて来る。このアンケートによって以上の問題が排除される事がなく5年は入り続けていることから、こういうことが分からない講師がかなり居るることは明らかだ。その中には東大さんも居る。

事務員は人気投票で教科書執筆者を選び、各講師にアンケートを書かせ、全てテキストのできは自分たちの前をバイパスさせている。うまい責任逃れだ。


★不景気で副業を求めておられる方々も多いとか。専門知識ナシで販売会社に出店できる簡単な方法があります。その広告だけでもご覧になりませんか?★

http://p-windy.com/k/f268/
 

07/21のツイートまとめ

zawadix

「物質名詞」とは水・空気といったようにモノ自体はあるのだが、机や椅子のようにそれ自体の形を持たないもので、塩は塩・砂糖は砂糖といったようにどの部分をとってもそのモノに違いはないものをいう。「抽象名詞」は実態も定形もないものだが、wish(願望)は「願い事」と使うと可算普通名詞だ。
07-21 15:19

そして今度はコップの中の水を指し"This is water."とやる。この水に水を継ぎ足し、"This is water."。更に継ぎ足して"This is water." 。水は何度継ぎ足しても数は増えないから数え様がない。 塩や砂糖でも皿の上で同じようにやって見せればよい。
07-21 15:06

鉛筆を一本転がして"This is a pencil."もう一本転がして"These are two pencils."、更にもう一本で"These are three pencils."とやれば「自己の定形を持つモノ」は数が増えればそのモノも増え、数える事が可能なことが見える。
07-21 15:00

「物質名詞は数えられない」ではなくて、「数えようにも数えられないから数えない」のだ。そこを中一の生徒には目に見えるようにしてやればいい。英語本国の幼児が「これは物質名詞だから数えない」などと考えておいてから、ママにミルクやジュースをねだったりはしない。このレベルで導入するのだ。
07-21 14:51

そろそろ「中一英語」に戻ろう。「コーヒー・紅茶は物質名詞と暗記しておきなさい。物質名詞は数えられません」では、教師が己の無知を曝け出している。こんな教師を自分は「ドブねずみ教師」と蔑称する。水販売会社も、数種の水を取り扱うう場合は、beersと同様に"waters"と表示する。 
07-21 14:44

silk(絹)はsilks で(絹の着物)となるが、こういった現象には、単語の意味が変わるので、「転意複数」という名前をも付けてみている。「絹の着物一着」と言うには多分 a suit of silks と言うのだろうが、学校でこういう「使い方」を習うことはまず無い。訳すだけだ。
07-21 14:35

s付きのまま、不定冠詞のaをつけて、a revolutionary works(画期的な作品), an iron works(鉄工場)等の例がある。foundation(創設)に対しfoundationsは(建物の土台)と具体化する。物質名詞でも同様な現象が見られる。
07-21 14:27

名詞の複数形には①単複同形(fish)、②別形(teeth、tooth)③-s付き(books)などがあるが-sによる抽象名詞の複数形は、具体物を思わせる効果がのだろうと、自分勝手に考えて「具現化複数」と名付けている。work(労働)はworksで(作品、著作・工場)の意。となる
07-21 14:19

07/20のツイートまとめ

zawadix

ここのところ「中一英語」のレベルをえらく逸脱した「つぶやき」になっているが、中一で導入されたことがあと後にどういうヒドイ障害を及ぼすかを見て頂きくためだ。病院で治療法を誤り、患者が死んだり後遺症を残したりすると、院長ら並んで詫びるが、学校英語に詫びは無い。「落としまえ」を取れッ!
07-20 17:33

otherもanotherもothersもまともに使えるようにはして貰っていない上、「固有名詞は数えられません、冠詞も付けません」と「ゾンビ頭」に固められてしまうので、大方の日本人にはanother Japanという発想は先ずムリだ。「もう一つ別の日本」と言うにはこういうのだが。
07-20 17:25

今日の新聞を見たら"Another Japan is Possible"という英書があると出ていた。前部を an other Japanと分けて書くと、other は「他の」という形容詞、an はJapanに付く不定冠詞だが、大方の日本人にはとても思いつかない言い方であるはずだ。
07-20 17:18

英文法革命-(時制)

(5)《進行形の学習-2》

進行形は「~しつつある」ということとして進行形の意味用法などは何も教えないで入れるから、「~している」は何でも進行形だという「ゾンビ頭」ができてしまう。

だから「彼女は母に似ている」がShe is resembling her mother. となってしまうことが多い。

 しかし、 教会の前に男の子が立っているのを見て 「教会が立っている」 「男の子が立っている」 はそれぞれ、

A church stands on the hill.
A boy is standing on the hill.

でなければならない。

日本語の 「ている」 がいつも英語の進行形になるのではない。 この差がどこから来るのかをわきまえる必要がある。

 まず注意すべきは、 ここの standはどちらも状態動詞であることである。 中学の時に 「stand は“立つ” ということ」 と暗記さされるから、 悪くするとこれが状態動詞であることにすら思い及ばないかも知れない。

 ここの両 standともこの場で立ち始めと立ち終わりとが見えたりはしない。 stand は 「立っている」 という状態にも使うのである。

 そして更に、 同じ状態動詞でも二通りに使い分ける理由は、  

1. 教会: 立っているのは半永久的で見る者が始めと終わりを意識しない
2. 少年: その前にそこに来たわけで、そのうちに帰ると見る者が始めと終わりを意識するからである。

 状態動詞はそれ自体で「ずっと~である」という連続状態を表すから、初めと終わりを意識しない場合はそのままの形で使う。

 だから「彼女は母に似ている」は 日本語では 「ている」 であっても 英語では She resembles her mother. でなければならない。 似始めと似終わりがあったりはしない。

 少年は

(1) 今だけ~しつつある   [最中]
(2) そのうち終わる [時間に制限がある]
(3) 自分から来て立っている [自発的行為=自意志]

ということをやっていることを見る者が無意識のうちにその場で感じ取る。この3項目が進行形の原義である

進行形は先ず意識的に始めたり止めたりできる行為について使う

だが、 自意志があるのは人間と動物だけだから、無生物を主語にとる時には意志のことは考えなくてよい。

例えば、 It is raining.では 「今降っている最中で、 そのうちに止む」 と思うから進行形で言うのである。 「擬人化」という取り方もできる。こういったことは、 あくまで日常生活の常識の範囲内で取るべきである。

状態動詞の代表格である be 動詞も時間制限や自意志が絡むと進行形をとる。

ジーニアスに Ann was being rather foolish. アンはかなり愚かなことをしていた (=Ann was behaving rather foolishly.) という文例があがっている。 「その場でちょっとだけ (自分から)」 ということが言いたければこんなふうに言えばよい。

よく 「wear」 は「着る」、「put on」 も「着る」 と暗記さされている生徒がいるが、 put on は 「(衣服などを) 身につける」 という一回で終わる動作動詞である。 他方 wear は 「(衣服などを) 身につけている」 という状態動詞である。

テキスト(1)にもあったが、 よく参考書類に「状態動詞は進行形が作れない」とあるが、wearというこの状態動詞も She is wearing a ribbon today. と進行形が作れる。

リボンを付けて後で外すという付け始めと付け終わりがあるのは誰にでも明瞭であるからだ。 そして自分の意志で付けているのである。 


★不景気で副業を探しておられる方々も多いとのことです。専門知識ナシで通販会社に出店できる簡単な方法があります。その広告だけでもご覧になりませんか?★

http://p-windy.com/k/f268/   


プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。