スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(16) 《中三からのガン・現在完了-4》

完了形は「~してある」という原義を持つからこの不定詞形も「~してある」という意味を持つ。即ち、have doneの形には二つの用法があるのである。

(1)普通の完了形
(2)過去用原形 (過去形が使えないところの代用に使う)

だから「したかも知れない」という時にmay didとはできないから may have done は 「してある (実質的には“した”) かも知れない」 と過去のことを言い得るのである。

こういう説明もなしにテキスト(1)では第3講でいきなり「助動詞+完了形」 を 「過去の推量などを表す」 と理解抜きで形と訳だけを暗記させている。

これが 「型文法」 の常套手段であるが学習者の方にはその気持ちが伝わらないから表現能力がなかなか身につかない。 というよりは英語嫌いが製造される。

次に完了形の「~してある」という原義から 「継続」 につながるところを見る。(完了形のhaveは「持っている」の意の状態動詞)
He has been here for two hours.

この文で、 been は 「居た」 、 has はその状態を 「持っている」 で 「彼はここに2時間居た状態を持っている」、ということで、 現時点で2時間居たことになる。即ち、2時間居続けたというわけである。

has を 「ある」 と取るならば九州弁と全く同じになる。 九州弁ではこれを 「彼はここに2時間居て・ある」と言う。ここで英語と日本語がピタリと一致する。

上記のbe 動詞は状態動詞だが、 動作動詞でも同じだ。 しかし、 動作動詞で継続であることを示すには、 必ずその継続時間を表す「副詞」を必要とする。 (「型文法」にはこの点の指示がないので再度記しておく)。

即ち、for ~, とか since ~ とかの語句が必要である。(←いわゆる時制を学習する時には副詞をよく観察する必要がある。

I have smoked since I left school. (I still smoke.) [PEG p.251]
(私は学校を出てからずっとタバコを吸っています) [現在も吸っている]

since は 「~以来今まで」ということだから、上の文の直訳は 「学校を卒業して以来ずっとタバコを吸った状態を現時点で持っている」で継続となる。

これから継続時間の副詞を外して I have once smoked. とか I have smoked a cigarette. とすると 「私は一度だけタバコを吸ったことがある」、 とか 「タバコを一本吸ってしまった」、「タバコを一本吸ったことがある」となる。

ここまでの経路をまとめる。


「~した」(過去)[←just を伴う直前過去]
  ↑
「~してある」→「~してしまってある」(完了)→「~したことがある」(経験)
  ↓
「(~の間、~以来)居てある、してある」(継続)


この予備校の講師二人による「青少年有害図書」には「動作動詞で継続の意を表すためには、完了進行形(have been doing) を用いる」 という注があるが、 上記の通り smoked といった単純形でも継続の意は表される。

こういったことを記す講師は I have smoked since I left school. といった文が出て来たらどう解説するのであろうか。 時制の学習に「副詞」を見ることをせず、 「型」だけで英語を決めつけてはならない。

同じ予備校に属する本国人講師の書いた [続]英誤診 p.104 の例文を引用しておく。
I've worked (I've been working) here since 1967.
[私は、 ここで1967年以来ずっと働いている]

(15) 《中三からのガン・現在完了-3》

  「中三のときに“have + 過去分詞”を現在完了といいます。これは、経験・結果・継続・完了を表します」と突如言われる。前述のとおりこれでは何のことだか全く分からない。

しかもその上、この形を「~した」と訳して進むから、過去形との区別が全く付かないまま生徒は高三となり卒業してしまう。そして、時制は分からないという印象を強く抱いているのである。

以下は筆者の解釈による完了形の読み方であるが、 この読み方で完了形はほぼ全域が読める。

前項で見たように have bought は 「買って・持っている」 、 have gone は 「行って・居る」 ことを表している。

bought, gone は 「それ以前に~したこと」 を表すからここの所は簡単に 「~した」と過去に取り、 have は 「持っている」 のだから手元に 「ある」 と現在に取る。

するとhave bought は 「買った・ある」 (日本語と語順が逆) で 「買ってある」 となる。 だから、 have gone も 「行って居る」 となる。 この 「~してある」 というのが現在完了形の原義であり、 以前これを結果と呼んでいたが、 ここから完了、 経験、 継続の意が出てくる。 

  (have     bought)
持っている     買った
手元にある     ↓
   ↓        ↓
   ある       買って


これを大阪弁では「こうた(=買った)ある」と言い、これは英語の現在完了形と全く同じものである。これを「こうたあった」(had bought)とすると過去完了形となる。

さらに「(いついつまでに)こうたありまっしゃろ」(will have bougut)と言うと未来完了になる。(この will は現時点での「予測」を表す)

完了形に関しては日本語とずれる所だけを記憶すればよい。「~してある」という原義からの意味の連なりを次に示す。


「~してある」→「~してしまってある」(完了)→「~したことがある」(経験)
   [いずれも今はしていない→完了形は実質的過去を表す]

「~した」(過去)He has just come. (彼は来たとこ)

[これをこの頃はHe just came. と過去形で言うことが多々ある。いい傾向だ]

    
先生:「宿題は?」
生徒:「してあります」(とノートを示す)[目の前の現状]


「してあります」とノートを出して見せるのは現状(現在)である。この現状であることを現在完了形のhaveの現在形が表している!このhaveを記号と見ないで「現在」と見よ。だから現在完了なのだ!

そして、思い出して「ゆうべしました」(I did it last night.)である。

学校英語では「過去形は“た”と訳す」と生徒の脳裏に焼き付けてしまうから、「た」は何でも過去形だとなってしまう。

日本語では「た」は未来にも使うのだが、そんなことは一切お構いなし。「彼女に会ったら、本当のことを言おう」という作文問題で「会ったら」のところにsawとかmet と書く生徒がボロボロ製造されている。

東京弁では「そこ、どいた、どいた」といって走って行くではないか。どくのはこれから、未来のことだ。

英語の直説法では、過去形は以前のことを思い出して述べるときにしか使わない。だからハッキリと過去を表す副詞があったら過去形を使う。現在完了形は「~してある」という現状を述べるのに使う。英語ではこの二つの動詞形はハッキリと使い分ける。 


★不況で副業を探しておられる方々が多いとか。専門知識ナシで通販会社で物販が出来るようになる簡単な方法があります。(URL=http://p-windy.com/k/f268/) ★       


(14) 《中三からのガン・現在完了-2》


(1) have 系: (have を使うのは持っているからである)

1.He bought a book.
2.He has the book. (The book was bought by himself.)

この1と2の状況を足して、右の絵全体を一言で言うと He has the book (bought by himself). (bought 以下は分詞形容詞句。 「彼は自分自身によって買われた本を持っている」)となるが、by himself を取ると、 He has the book boughtとなりこれが現在完了形の原形である。 今持っているから have が現在形。 bought は形容詞だから時には無関係。

今でもドイツ語では完了形の過去分詞は文末にある。 この形は英語では 「have+目的語+過去分詞=~される、 してもらう」 と暗記さされるやつで残っている。

この分詞形容詞が英語では後になって前に移ったのである。 行為の方が先に頭に浮かぶからであろう。 しかし、完了形を have と過去分詞のセットで見ないこと。 have だけ見れば現在形。
 
(2) be 系 (be を使うのは状態にある、 居るからである)

1.He went to America.  
2.He is there.

この1と2の状況を足して、右の絵全体を一言で言うと He is to America gone. であるべきところだ。

go は自動詞だから gone は 「行った、 行ってしまった」 という過去、 または完了の意の分詞形容詞。 to America gone で「アメリカに行った」という形容詞句、be とつなぐと 「アメリカに行った状態にある、 アメリカに行っている」 となる。

だから、 行くとか来るとかを表す動詞にはbe が必要であった。 それを今では He has gone to America. というのが普通になって、即ち「アメリカに行った状態を持っている」と言い表すようになった。

それで、be+過去分詞 の形の完了形は使われるケースが限られることとなった。

この have は、本といった具体物ではなくて、 「行ってあっちに居る」 状態という抽象物を持っていることに使われている。 「経験」 や 「継続」 を表すというのもそういう抽象物を持っていることを表す。

言葉の用法は具体から抽象へと広がって行く。 この考え方は英語学習には非常に重要な考え方である。英語に限らず日本語についても言えることだが...

be gone の形についてPEU p.253 から一部引用する。

誰かあるいは何かが姿を消したとか、 終わったとか、 もうそこにはいないと言いたいときには、 be を gone と共に用いるのがごく普通である。
When I came back my car was gone.
(私が戻って来ると、 車がなくなっていた)
(たんに姿を消したということではなく)運動とかその方向、 目的地について考えている場合には have を 用いる。
Nobody knows where Jane has gone.
(ジェーンがどこへ行ったのか誰も知らない)


★不況で副業を探しておられる方も多いとか。専門知識ナシで通販会社で商品を販売する簡単な方法があります。(URL=http://p-windy.com/k/f268) ★












(13) 《中三からのガン・現在完了-1》

中二の時に不規則変化動詞を覚える。例えば buy, bought, bought と暗記して、 最後のboughtを過去分詞というと習う。

そして中三になると have+過去分詞 の形が出てきて、 これを「現在完了」といい 「経験、 結果、 継続、 完了」 を表すと吹き込まれる。

この頃は 「結果」 ということを余り言わなくなったが、 ともかく have と過去分詞が一緒になったとたんに、これほどバラバラな事柄を表すということが何故なのかが分からない。

学校英語ではこの何故ということの説明なしで現在完了は 「過去の一時点で起きたことが、 現在まで何らかの形で影響をもっている場合に使う」 といった説明がなされる。 愚の骨頂である。

テキスト(1)にもこう記してあるが、 英語本国の幼稚園の子供がこんなことを考えておいてから現在完了を使って走り回っていたりはしない。 「経験」 とか 「継続」 とか 「完了」 とかいった言葉もまだ知らないだろう。 それでも使いこなすのだ。

「型文法」 では、なぜこういったことを表すのかの説明は全くしないで、現在完了を使った英文を色々と分析してみたら 「経験、 結果、 継続、 完了」 を表す場合に使っていたという学者の分析結果を投げ与えているだけなのだ。

こういう気持ちを言い表したい時にこういう形を使う、 それはこうだからだという説明でなければならない。 即ち、 学校の 「型文法」は出発点ではなくて「終着点」を暗記させているだけなのである。

我々が日本語をしゃべることができるのは、日本語の動詞形の分析結果を完全に暗記してから話せるようになったのではないことを考えてみれば分かるが、「型文法」は人間の言語習得のたどる筋道を完全に逆に行っているのである。ここにも日本人が英語のできなくなる大きな原因の一つが潜んでいる。

次に時間帯だが、「英語には12時制ある」などと言われると、英語では時間帯を12に分割してそれぞれを言い表す動詞形があって、それらをうまく当てはめて使わなければならないような感じにされる。だから、これではとても使いこなせないといった気になってくる。

しかし、英語国人も日本人と同じで時間概念には「過去、現在、未来」の3つしかない。

そして英語の動詞には、日本語と同じで、現在形と過去形しかなく、直説法では過去のことには過去形を使い、現在・未来のことには現在形を使う。

現在完了も動詞形の1つであるから、以後は現在完了形と「形」の字を付けて記すが、「現在完了形」なのであるからこの動詞形は現在に属する。だから未来時にも使う。

「笛吹きさん」(ドブねずみ)たちが「副詞節の中では未来完了は現在完了になる」と笛を吹くのがこれである。

また、現在完了形は「~した」と訳すと日本語として通るケースが多いので、過去形との区別が付かなくなってしまう。

英語では過去形と現在完了形はハッキリと分けて使うから、この両者の区別をしっかりさせることが大切である。

再度記すが、現在完了形はhaveが現在形だから「現在時」に属する。
 
現在完了形には My money is gone. という be+過去分詞 の形と、 I have read the book already. という have+過去分詞 の形という2つの形がある(現在完了形は元々この二つの形を持っていた。ドイツ語では未だにこの2形を保有している)。

英語ではほぼ全部が have を使った完了形となってしまったがが、 上記のように「ものがなくなっている」といった場合には be+過去分詞 の形が日常英語にまだ残っている。 英語長文の中に時々出てくるから知っておく必要がある。

「be+過去分詞」 を受動態と決めつけてしまうと、 こういう形のことを 「分からない」 と放棄しまう「ゾンビ」が出来上がってしまうから注意が必要である。

be+過去分詞 の完了形の過去分詞は自動詞の過去分詞であり、 受動態の過去分詞は他動詞の過去分詞であるから区別がつく。

「型文法」 では be+過去分詞 の現在完了形の説明がほぼないばかりか、 完了形の助動詞になぜ have が使われるのかの説明も全くない。

次項はそこから入る。


★不況で副業を探しておられる方々も多いとか。専門知識ナシで通販会社で物品を販売できる簡単な方法があります (URL=http://p-windy.com/k/f268/) ★


(12) 《進行形の学習-9》

結局、未来時における進行状態を表すには2つの現在形があるわけである。


(1) be 動詞の現在形を使ったもの: is/are ...ing の形
(be going to do もこの中に含めることができる)

(2) 助動詞の現在形を使ったもの: can/may/must/will be ...ing の形


will を使った例を PEG の p.293 より引用する。


相手の意図・予定を尋ねるには、 現在進行形、 be going to、 未来
進行形の3つの疑問形を使うのが普通である。この3つの中では、
未来進行形が他の2つよりもていねいな形とされているから、特
 に便利である。
ゴルフの予定をしているジョージに:
Where are you playing / are you going to play / will you be playing golf?
(どこでゴルフをするのですか)


will を使ったものに 「未来時制」 と名付けることは 「will は未来、 未来だからwill になる」 というイトパス頭を作ってしまうからこの文法用語は廃止すべきで「未来進行形」も不都合だが、 ともかくここには

(1) are you playing, are you going to play : be 動詞の現在形を使ったもの
(2) will you be playing : 法の(= 気分を表す)助動詞の現在形を使ったもの

という2つの形が示されている。そしてそれぞれに対する訳は

“are you playing” は 「しておられますか」
   (友人と約束してある)
“are you going to play” は 「することにしておられますか」
“will you be playing” は「なさることになるのですか」

とでもなろうか。 しかし、「未来だから will になる」 として、 

“Where will you play golf?”

と言うと 「どこでゴルフをする気ですか」 となろう。 相手からは 「ひとのこと放っとけ」 とでも言われそうである。

PEU p.241 には、 この will be ...ing に対して 「相手に余分な干渉をしたくないという気分を表す」 とある。 こういうことはマナーにも係わってくるが、 「型文法」 ではどうしようもない一面である。

次に、 willではなくcan, may, must を使った未来進行形を見る。

運転免許を持っていない人が、

I can't be driving a car this afternoon.
「今日の午後に車を運転しているはずがない」 と言ったとしよう。

しかし、 この間受けた試験は完全に近くできた。 今日の合格発表には合格していると思っているならば、その確信の度合いに応じて

I may be driving a car this time tomorrow.
(明日の今頃は車を運転しているかも知れない)

I must be driving a car this time tomorrow.
(明日の今頃は車を運転しているに違いない) となる。

「未来だからwillになる」のではない。「笛吹き英語」に踊らされてはいけない。


★不況で副業を探しておられる方も多いとか。専門知識ナシで通販会社で物品を販売できる簡単な方法があります。(URL=http://p-windy.com/k/f268/) ★
プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。