スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20) 《中三からのガン・現在完了-8》

have gone to と have been to

have gone to: どこかへ行ってしまって行った先に居る、 またはその途上
have been to: 行った先からどこかへ戻って来て行った先には居ない

He has gone to America.   
[彼はアメリカに行って向こうに居る]

He has been to the station to see her off.
[彼は彼女を見送りに駅へ行って来た = 今駅には居ない]

I have been to Iran several times.
[私はイランに何度か行ったことがある = 今イランには居ない] (経験)

行った先に 「居る」 「居ない」 の違いを出すだめに gone と been とを使い分ける。

have been to には 「行って来た」 と 「行ったことがある」 の二つの意味がある。

have gone to は 「途上」 をも表すということは学校では習わないから習得のこと。 PEU の p.103 に

Mary's gone to Nigeria. (メアリーはナイジェリアへ行った)
[彼女はそこにいる、 あるいは行く途中だ] とある。


現在完了と日本語とのズレ

机の上にお金を置いて一寸よそへ行って帰って来たらなくなっている。!!

(1)お金がなくなっている [現在完了]
(≒お金がない)

(2) お金がなくなった [過去]

と、 日本語ではどちらで言っても、言っていることに変わりはない。

現在完了形は実質的過を表すからドイツ語では過去のことには過去
形でも現在完了形でもどちらを使ってもよい。 どちらを使うかは地
域、 南ドイツと北ドイツ、で好みが違うという。

英語ではハッキリと「過去の時点を表す副詞」を使ったら have という「現在形」と合わないとして、 必ず過去形を使う。こうして現在完了形と過去形とを明瞭に使い分けることにした。

ここで日本語とのズレが生じる。 日本語では 「その本は10日前に買ってあります」と言うことができ、ドイツ語でもここは現在完了で構わないが英語ではダメである。


I have bought the book ten days ago.(×)
→I bought the book ten days ago.(○)
     
この日本語と合わない点だけは十分に注意して押さえておく必要がある。

日本語では 「いつそれをやったことがあるの?」と 聞いても別に問題はないが、 英語では when と現在完了は一緒には使えない。

この 「いつ」 は聞く方が過去の 「いつ」 という時を聞き出そうとしているから動詞は過去形でなければならない。

また just now には now が含まれているのに過去形の動詞と共にしか使わないのは、 この語句は 「今しがた・たった今」 という意味(直前過去)だからだ。

また、 常時を表す副詞 ever, never, always と過去形で「経験」を表す用法がある。

Did you ever see a tiger? = Have you ever seen a tiger?
( 「英語参考書の誤りとその原因をつく」(大修館) pp.410~411) [以後 「英参誤」 と略す)




スポンサーサイト

(19) 《中三からのガン・現在完了ー7》

現在完了進行形をもう少し見る。形は have been + 進行形を作れる動詞のing形 だ。

二つの用法がある

(1)現時点まで~してきており、更にまだ続くことを表す。

I have been waiting for her for twenty minutes.
(私は彼女を20分待ち続けてきています)

(2)直前過去と同じように、直前まで~し続けてきていたことを表す。20分待ち続けた彼女が現れると、そこで待つ行為は止まる。そして次のように言う。
  
I have been waiting for you for twenty minutes.
(20分待ち続けていたんだよ)

いずれも「現時点で」「現時点まで」という気持ちが働いている。「あの時待っていた」なら was waiting 。

現在完了進行形に関しても副詞の有無を見る

(1)副詞を使わない場合:今までずっとということは言わなくても分かる

I've been thinking it over. (PEG p.258)
(私はずっとそのことを考えていました)
“You look hot.”-“Yes, I've been running.” (PEU p.486)
(「体がほてっているようですね」 「ええ、 ずっと走っていましたから」)

[この例で上記(2)の用法は良く分かる。「今まで一体何してたの?」「その辺ぶらぶら歩いてた」という日本語の用法に当たるが、 気持ちは「現時点まで」 だから現在完了]

(2)副詞を使う場合:~し続けている期間を表すものを使う

I've been waiting for two hours. (私は2時間待っている)
It has been raining since Monday. (雨は月曜から降り続けている)
He has been sleeping all day.   (彼は一日中眠り続けている)

PEG p.259 には一部の動詞は進行形にしなくても継続を表すとしてその動詞をまとめて挙げてある。 その文例の一つとして

How long have you learnt English?
How long have you been learning English?
(これまでのどのくらい英語を習っていましたか)

というのがあるが、 単純形の方は 「(今までのところで) どれくらい習ってありますか」 、 進行形の方は 「どれくらい習い続けてきていますか」 位の感じであろうか。

完了進行形は連続した行為に対して使い、(回数を入れた)飛び飛びの行為には単純完了形を使う。was doingにするかdidにするかと同じ関係。(p.162参照も参照のこと)

(At 11 a.m.) Tom has rung up three times this morning already.
[11時に] (トムは今朝もう3回も電話をかけてきました)(PEG p.248)


(17) 《中三からのガン・現在完了-5》

予定外に現在完了進行形のことが先に入ってしまったが、PEU p.486 には 「現在完了進行形は、 特にやや一時的な行為や状況に用いられる。 やや永続的な状態について述べる場合には、 現在完了単純時制を用いる方が好ましい」 として次のような文例が挙がっている。

I've been living in Sally's flat for the last month.
(この1か月間私はサリーのアパートに住んでいる)
My parents have lived in Bristol all their lives. 
(私の両親は生まれてからずっとブリストルに住んでいる)

更に、 p.487 には 「現在完了単純時制は完了の概念を表すために用いられることが多い。現在完了進行形は継続を強調する」 とあって、 次のような文例があがっている。

I've been reading your book. (= I haven't finished it.)
(私はずっとあなたの本を読んできた [まだ読み終わっていない])
I've read your book. (= I've finished it.)
(私はあなたの本を読んでしまった 「読み終えた」)

このような気分上の違いを習得することは、 意味文法上大切である。

特に、

(1)日本語の 「~してしまう」を表す英語の動詞形は完了形であること(この面を取って何々完了という名前が付いている)

(2)継続を表すには完了形を用いること。これには単純形と進行形があって、その間に気分上の違いがあること
 
には良く注意を払っておく必要がある。

ドイツ語では「何年間住んでいる」には単純現在形を使うから、継続に完了形を使うのは英語の方で発達した特異な用法であろう。 

次ぎに、現在完了形と副詞を見る。現在完了形は 「現時点で~」を考える動詞形である。

(1)副詞を使わない場合:

a)(現在)~してあることだけを述べる

Have you had lunch? (昼食は済ませてあるか)
I have read the instructions but I don't understand them.
(私は指示を読んだのですが、 わからないのです) (PEG p.246)

b)(~してあって)今どうなっているかを述べる

The lift has broken down. (We have to use the stairs.)
(エレベーターが故障したしまった) [だから、 階段を使わなければならない]
I've washed the car. (It looks lovely.)
(車を洗いました) [もうきれいになっています] (PEG p.247)

c)(今までに)~したことがあることを述べる

I have read the book. (私はその本を読んだことがある)

この用法は学校では 「経験を表す」 としか習わないが、 PEG p.247 では 「繰り返して起こりうることを暗示すると見てよい」 という。

I have seen wolves in that forest.
(あの森でオオカミを見ました [見たことがあります])

この例では今でもその森にオオカミが見られることを暗示しているとある。


(18) 《中三からのガン・現在完了-6》

(2)副詞を使う場合:いつということが明確でない副詞を使う

a) already: もう
I've seen that film already. (あの映画はもう見ました)

yet: もう [疑問文に] 、 まだ [否定文に]
Has she left yet? (彼女はもう発ちましたか)
He hasn't finished the work yet. (彼はまだ仕事を終えていない)

before:以前に
I've read the book before. (その本は以前に読んだことがある)

b) once, often, ~times: 今までに何回 (頻度の副詞)
I've seen him once. (彼には一度会ったことがある)
I've often seen her. (彼女には何度も会ったことがある)

c) ever: 今まで(ずっと)
Have you ever read the Bible? (今までに聖書を読んだことありますか)

never: 今まで(ずっと)~ない
I have never read it. (今までに読んだことはありません)

d) since: 以来 (今まで) ずっと
He has been here since Monday. (彼は月曜以来ここに居ます。Monday で起点が示された)

for: (~期間の) あいだ
I haven't seen him for three months. (彼には3け月間会っていない)

so far, up to now: 今までのところ
Up to now there has been no trouble. (今までのところトラブルはない)

e) 今まだその期間中であることを表す副詞:この後まだ同じことが続いたり起きたりすることを述べる。 またその期間中にいつ  でもいいから何かをしたことを述べる。 (この項目は学校では習わないから注意する必要がある)

Have you seen Tom today? [今日のいつとは問うていない]
I have been busy this week. (今週はずっと忙しい)
We have had a lot of rain this year. (今年は雨がよく降る)
He hasn't been well lately. (彼はここのところしばらく具合が悪い)
    He has been well recently. (彼はここのところ健康だ)
[recently を 「つい最近」 (= a short time ago) の意味で使ったら過去を表す副詞となるから動詞は過去形を使う] (←各自辞書参照)
      I met him recently. (つい最近彼に会った)

    [しかし次項のような用法もある]

He has recently published a book.
(最近彼は本を出版した) [カレッジ・ライトハウス]

  <これは本が現在書店に並んでいることを表している>

f) just: have/has と過去分詞との間に置いて直前過去を表す
He has just come. (彼は来たとこだ)
[この場合アメリカ (の口語) ではよく過去時制が使われる (PEG p.245)とあり、 入試の長文にも時折見られる]


(17) 《中三からのガン・現在完了-5》

予定外に現在完了進行形のことが先に入ってしまったが、PEU p.486 には 「現在完了進行形は、 特にやや一時的な行為や状況に用いられる。 やや永続的な状態について述べる場合には、 現在完了単純時制を用いる方が好ましい」 として次のような文例が挙がっている。

I've been living in Sally's flat for the last month.
(この1か月間私はサリーのアパートに住んでいる)
My parents have lived in Bristol all their lives. 
(私の両親は生まれてからずっとブリストルに住んでいる)

更に、 p.487 には 「現在完了単純時制は完了の概念を表すために用いられることが多い。現在完了進行形は継続を強調する」 とあって、 次のような文例があがっている。

I've been reading your book. (= I haven't finished it.)
(私はずっとあなたの本を読んできた [まだ読み終わっていない])
I've read your book. (= I've finished it.)
(私はあなたの本を読んでしまった 「読み終えた」)

このような気分上の違いを習得することは、 意味文法上大切である。

特に、

(1)日本語の 「~してしまう」を表す英語の動詞形は完了形であること
   (この面を取って何々完了という名前が付いている)
(2)継続を表すには完了形を用いること。これには単純形と進行形があって、
   その間に気分上の違いがあることには良く注意を払っておく必要がある。

ドイツ語では「何年間住んでいる」には単純現在形を使うから、継続に完了形を使うのは英語の方で発達した特異な用法であろう。 

 次ぎに、現在完了形と副詞を見る。現在完了形は 「現時点で~」を考える動詞形である。

(1)副詞を使わない場合:

a)(現在)~してあることだけを述べる:

Have you had lunch? (昼食は済ませてあるか)
I have read the instructions but I don't understand them.
  (私は指示を読んだのですが、 わからないのです)
                            (PEG p.246)
b)(~してあって)今どうなっているかを述べる:

The lift has broken down. (We have to use the stairs.)
    (エレベーターが故障したしまった) [だから、 階段を使わなければならない]
I've washed the car. (It looks lovely.)
  (車を洗いました) [もうきれいになっています] (PEG p.247)

c)(今までに)~したことがあることを述べる:

I have read the book. (私はその本を読んだことがある)

この用法は学校では 「経験を表す」 としか習わないが、 PEG p.247 では 「繰り返して起こりうることを暗示すると見てよい」 という。

I have seen wolves in that forest.
(あの森でオオカミを見ました [見たことがあります])

この例では今でもその森にオオカミが見られることを暗示しているとある。


プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。