スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法革命-(時制)

(9)現在進行形の学習-6》

次に現在進行形を見る。

現在進行形の原点は「今しゃべっている時に何かが~しつつある」である。

「今しゃべっている」という意識があるから、時を表す副詞を入れるか入れないかはマラソンの実況中継のような場合以外は余り重要なことではなくなる。

重要なことは、「今」ということに色々と幅を持たせてしゃべっている所に注意を払うことである。

(1) 現時点:
(話しているその時点に何かが~しつつある←最中)

It is raining outside. (外では雨が降っている)
We are sitting in the classroom.
(我々は教室の中に座っている)

(2) 幅のある現在:
(ここのとこしばらくの間~しつつある←期間に制限がある)

I am reading a novel by Soseki.
[分厚いものなら何日もかかる←しゃべっている目の前で読んでいないのが普通。
「私いま漱石読んでるの」 という日本語の用法と同じ]

The weather is getting better and better.
(天候はだんだんよくなっている)
[これも日本語の用法と同じ。 目の前で天候がどんどん良くなって行くのが分かるわけではないが、 毎
日それを感じ取っている。 この文例は実例現代英語用法辞典(新改定)オックスフォード p.492 から
の引用。 以下この本からの引用はPEUと略する]

(3) いつ見ても~している最中:
(ここのとこしばらくの間とは思わないもの) always といった 「いつも」 の意の副詞と組み合わす。

She is always studying hard.
(彼女いつ見ても一生懸命に勉強している) [良いことに使っている→感嘆]

They are always talking in class.
(あいつらいつも授業中に喋っている)
[悪いことに使っている→非難。 非難に使うことの方が多い]

ここで例外が出て来る。 自分の意志からでないことに使う進行形。   
(以下、PEUは「現代英語用法事典・桐原書店」の略)

I'm always forgetting people's names. [PEU p.501]
(私はいつも人の名前を忘れてばかりいる)

I'm always making that mistake. [PEG p.227]
 (ぼくはいつも[うっかりして]そんなミスをしてしまうんだ)

(注) その他、 自意志からではない時に使う過去進行形の説明がPEG p.243~p.244に出ている。 ここを読むと訳と形だけの「型文法」ではどうにもならないことが分かろう。

文法は発話者の心理を説くものでなければ学習者には使いようがない。 再度述べるが、 この心理文法のことを、 筆者 (私自身) は 「意味文法」 と称している。

(4) 時を限らず~している時はいつも:(時間の幅感覚が一番伸びたも
の)
You look lovely when you're smiling.
(君はにこにこしているときがかわいいよ)

(注) 過去進行形の所で見た 「背景描写」 が歴史的現在の用法の中で使われると現在進行形となることが、 PEU p.493 に記してある。 これは説明なしでも容易に理解できよう。


★不況で副業を求めておられる方も多いとか。専門知識ナシで通販会社に出店できる簡単な方法があります。その広告をご覧になりませんか?(下のURLをクリック)★

http://p-windy.com/k/f268/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。