スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法革命-(時制)

(10)《進行形の学習-7》

現在進行形を未来表現に使うことは以前に見たが、現在進行形が未来表現に使われる理由は英語には未来形がないからである。

即ち、ここまでに何度も述べてきたように英語の直説法(現実をそのままに言う話法)では日本語と同様に未来のことは現在形で言うからである。

しかし、未来のことを述べるには、話の流れで未来のことと分かっているか、または未来を表す副詞が必要であることは以前にも記した。

また、現在進行形を未来表現に使うのは相手との取り決めがある場合に使うことも見た。PEG p.275 から文例を引用する。


I'm taking an exam in October.
  (10月に試験を受ける予定です)
Bob and Bill are meeting tonight.
  (ボブとビルは今夜会う予定です)


日本語でも 「オレ今夜7時に彼女に会ってるんだ」と言えばこれと同じ言い方になる。しかも相手と約束していることも分かる。

「よし、今夜会おう」と決める瞬間は I'll meet her tonight. この後 「オレ今夜彼女に会うことにした」 を I'm going to meet her.と言うと、一方的で約束は取り付けてない感じも出る。

こういう「心理」は言い方を変えて色々に言い分けるのである。 そこを習得しなければならない。 PEGの上記2つの文例の下には次のような説明がある。


往来発着を表す動詞(例えば go, come, drive, fly, travel, arrive, leave, start) および滞在などを示す動詞 (stay, remain)、それに do と 「食べる・飲む」 の意味の have の場合は、 現在進行形が比較的自由に使われる。 つまり、 具体的な事前の手配や約束のない意図・計画にも使われる。


次の p.276 には What are you doing next Saturday? (今度の土曜日は何か予定がありますか) を人に予定を尋ねるためによく使われる文として、 色々な答えが揚げてある。

I'm going to the seaside. (海岸へ行く予定です)
I'm not doing anything. (何も予定はありません)
I'm staying at home. (家にいる予定です)

これに加えて、 I'm writing letters. はI'm going to write letters. とするとある。 相手との約束はなくwrite は往来・発着の動詞でもなくdo, haveとは別物だ。

ここで、 もう一度テキスト(1)と「K-1」とを見てみる。(1)には「未来の時を表す副詞と共に、進行形で“未来の予定”を表すことがある」とあるのみ。「K-1」では「進行形で未来を表す用法があるので注意。(往来・発着を表す動詞の場合が多い)」とある。

いずれもこういう用法があるという紹介に終わってしまっている。 こういうことに関してしなければならないことは、「こういう心理を表すにはこの形を使う」と教えることである。

でないと、学習者はいつまでたっても意志の疎通ができない。英作文で書きたいことが書けるようにはならない。長文を読んでも書いた人の意図が汲めないままとなる。

「will は未来、 未来だから will になる」という頭に固まっている限り、 現在進行形で未来のことを表すのがいつまでたっても特例のように見えてしまう。


★不況で副業を探しておられる方も多いとか。専門知識ナシで通販会社に出店できる簡単な方法があります。次のURLでその広告が見られます。(http://p-windy.com/k/f268) ★

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。