スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20) 《中三からのガン・現在完了-8》

have gone to と have been to

have gone to: どこかへ行ってしまって行った先に居る、 またはその途上
have been to: 行った先からどこかへ戻って来て行った先には居ない

He has gone to America.   
[彼はアメリカに行って向こうに居る]

He has been to the station to see her off.
[彼は彼女を見送りに駅へ行って来た = 今駅には居ない]

I have been to Iran several times.
[私はイランに何度か行ったことがある = 今イランには居ない] (経験)

行った先に 「居る」 「居ない」 の違いを出すだめに gone と been とを使い分ける。

have been to には 「行って来た」 と 「行ったことがある」 の二つの意味がある。

have gone to は 「途上」 をも表すということは学校では習わないから習得のこと。 PEU の p.103 に

Mary's gone to Nigeria. (メアリーはナイジェリアへ行った)
[彼女はそこにいる、 あるいは行く途中だ] とある。


現在完了と日本語とのズレ

机の上にお金を置いて一寸よそへ行って帰って来たらなくなっている。!!

(1)お金がなくなっている [現在完了]
(≒お金がない)

(2) お金がなくなった [過去]

と、 日本語ではどちらで言っても、言っていることに変わりはない。

現在完了形は実質的過を表すからドイツ語では過去のことには過去
形でも現在完了形でもどちらを使ってもよい。 どちらを使うかは地
域、 南ドイツと北ドイツ、で好みが違うという。

英語ではハッキリと「過去の時点を表す副詞」を使ったら have という「現在形」と合わないとして、 必ず過去形を使う。こうして現在完了形と過去形とを明瞭に使い分けることにした。

ここで日本語とのズレが生じる。 日本語では 「その本は10日前に買ってあります」と言うことができ、ドイツ語でもここは現在完了で構わないが英語ではダメである。


I have bought the book ten days ago.(×)
→I bought the book ten days ago.(○)
     
この日本語と合わない点だけは十分に注意して押さえておく必要がある。

日本語では 「いつそれをやったことがあるの?」と 聞いても別に問題はないが、 英語では when と現在完了は一緒には使えない。

この 「いつ」 は聞く方が過去の 「いつ」 という時を聞き出そうとしているから動詞は過去形でなければならない。

また just now には now が含まれているのに過去形の動詞と共にしか使わないのは、 この語句は 「今しがた・たった今」 という意味(直前過去)だからだ。

また、 常時を表す副詞 ever, never, always と過去形で「経験」を表す用法がある。

Did you ever see a tiger? = Have you ever seen a tiger?
( 「英語参考書の誤りとその原因をつく」(大修館) pp.410~411) [以後 「英参誤」 と略す)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。