スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(26) 《「過去完了は過去の前」で頭が潰れる-5》

過去完了を使わないケースを二つに分けて見てみる。

(1)使っても使わなくてもよいケース:(以前に見たもの)

PEU p.446 にある間接話法を使った文例で見る。

He told me somebody had phoned when I was out.
(または...when I had been out.)
(わたしの外出中に誰かが電話をかけてきたと彼は私に言った)

「電話をかけてきた」 は 「ダブルの “た"」 で初めの “た" で過去完了形。 其のとき私は居なかったのだから同時で had been でもよいのだが、 ことさらにそう言わなくても分かるから was でよいのだ。

(2)使わないケース

「直後の when = just after」 を使って行為が連続している場合

When she saw the mouse she screamed.
(ハツカネズミを見ると、 彼女は悲鳴を上げた) (PEU p.446)

我々はストップウオッチで時間を測りながらものを言うのではない。 いくら時差があってもほぼ同時だと思う場合にはこのように言う。

日本語の方でも 「見ると」 と言って「ダブルの “た"」 を使わない。 ここは英語と日本語の感覚が同じなのだ。

when を使った副詞節を含む文例が出たので、 before を使ったものも見てみる。

He will throw the book away before he has finished it.
(彼は読み終えてしまう前にその本を投げ捨てるだろう)

青少年有害図書」(河合塾英語講師二人による著)に「当然未来完了になるべきだが副詞節だから現在完了になる」というとんでもない説明のあった例の構文だが、「しまう」が言いたいから完了形を使ったものだ。

「現時点で~してある」ことを基本とする現在完了形だが、「現在時」に属する動詞形だからこれを現在時から見た未来時にも使い得る。この文を常時を表す現在形で書くと、

He always throws books away before he has finished them. 
(彼は本をいつも読み終えてしまう前に投げ捨てる)

となる。

これを過去の話にすると、

   He threw the book away before he had finished it.
(彼はその本を読み終えてしまう前に投げ捨てた)

で、 過去完了形にも過去時から見た未来時に使う用法があることが分かる。

しかし、 日本語ではこういう場合 「~してしまう前に」 と言うよりは 「~しないうちに~した」 と言うのが普通だ。 別の言い方では、 「読み終えてしまわないうちに捨てた」 と言う。

だから 「~してしまわないうちに~してしまった」と言うには両方の項に完了形が入る。

It was a very expensive town. Before we had been here a
week we had spent all our money.
(それはとてもお金のかかる町で、 1週間もいないうちにお金を全部使いはたしてしまいました)
(PEG p.267)

till を使った文にも過去時から見た未来の用法が見られる。

He did not wait till we had finished our meal.
(彼は私たちが食事を終わるまで待っていませんでした)
(PEG p.267)

ともかく「~してしまう」が言いたければ完了形を使うのだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。