スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(31) 《屁をひって尻すぼめ・未来完了-2》

will+完了形は前項で見たように過去のことにも未来のことにも使い得る。 だから、 他の助動詞+完了形も過去のことのみならず未来のことにも使い得るはずである。

When we get home, the children may/must have eaten the  cake.
(私たちが家に着いたら、 子供たちはケーキを食べてしまっているかもしれない/食べてしまっているに違いない)

と普通に言っていいはずだが、 その文例がまずはない。

研究社の COLLEGE LIGHTHOUSE 英和の must の項にかろうじて

They must have finished the work by next month.
(彼らはその仕事を来月までに片づけておく必要がある)

というのを見つけた位だ。

この原因は次の記述の中にあるようだ。 [続]英誤診 p.138~p.139 に、 日本人に対して、

一般に未来完了を必要以上に使い過ぎる傾向がある。 しかし、 現代英語では may have, should have やその他の未来の可能性を表す語法と同様それほど一般的によく使われるものではなくなっている。

とある。 上記の may/must have eaten という may や must を使った未来完了はほぼ消滅し、 まずは過去用にしか使われなくなったというわけだ。

そして、 will (又は shall) を使った未来完了だけは細々と生き残っているが、未来表現に使うと不自然だ、というのだ。

更に、

  未来完了はは現在の意味を表す場合にも使われる。
    ◎ She will have left by now.
[彼女は今頃はもう出発しているだろう]     (p.139)

とある。

PEG, PEU, ALEX といった本国の文法書にも will を使った未来完了に関する記述は極めて少量である。 PEG 2ページ、 PEU 1/3ページ、 ALEX 1/2ページである。

しかも、 [続]英誤診 p.139 には 「英語の教科書に挙げられている例の多くは、 無意味で不自然なものが多い」 とある。

文例は日本のテキスト・参考書でよく見るやつだ。

 ?It’ll have been raining for five days by tomorrow.
(☞It has been raining for five days.)
[明日まで降れば5日間降ったことになる]

 ?By next winter they will have been building a house here.
(☞Next winter, they will be building)
[今度の冬までには、彼らはここに家を建てているだろう]

他の完了形と並べて will+完了形 を図示してみる。

(過)                     (現)                             
had done                  have done
あの時点で~してあった        現時点で~してある

      (未)
will have done + 未来を表わす副詞
この副詞の表す時点で~してある
        

何度も記したが、 完了形の過去分詞は形容詞であるから時間合わせには関係がない。 過去完了形は had が過古形だから、 これだけで 「過去のあの時点」 が、 現在完了形では haveが現在形だから、 これだけで 「現時点」 が表されている。

しかし、 will は現在形であってこれを使った完了形が未来のことを言っていることを示すには未来時を示すものが何か必要である。 will have done が即未来完了なのではない

未来完了形の未来時を示す副詞には by を使って 「いついつまでには~」 というのが一番よく見られるものだが、 on を使って日付で表したものもある。

We will have been married a year on June 25th. (ALEX p.248)

要するに未来完了形は 「いついつまでに事がどうこうである」 ということを特に言いたい時に使うのだが、 will の3義によって意味も3つに別れる。しかし、そういうことを明確に記したテキスト・参考書はまずないと言ってよかろう。



スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。