スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(39)《仮定法-4》

仮定法過去完了形:仮定法過去時用の基本形

If + 主語 + 動詞の過去完了形 , 主語 + 助動詞を使った過去完了形 

(条件部 = 従属節) (帰結部 = 主節)

この文型は過去時のみに使う。 主節の助動詞にはやはり would, should, could, might が使われるが、 would have done といった形が複雑に見えて覚え切れない生徒が少なからず居る。

だから従属節でも主節でも共に過去完了を使うのだということにするため、 に筆者は 「助動詞を使った過去完了形」 という文法用語を作った。

前述したようにドイツ語では助動詞が今でも過去分詞を保有している。 だから、 英語とは語順は異なるが、 英語流に各語を配置すると、 had + 助動詞の過去分詞 + 原形という組み合わせで助動詞を含んだ過去完了が作られる。

will の過去分詞を gewould とでもすると、 had gewould do だ。 だが、 英語では助動詞の過去分詞を捨ててしまったからこれができない。

それでどうしているかというと、 would didとはできないから would + have done という形をこれに当てている。 have done の所は完了形の原形で would に繋がっているが、 意味は 「~してある」 で実質的過去、 即ち 「~した」 だから、 would に繋いで 「~しただろうに」 と取る。

なぜ would が 「だろうに」 というこのになるのかは、 仮定法に使っているから裏に 「しかしだめだ」 という否定の気持ちが働いているからである。

would  + have done
(助動詞の過去形)   (完了形原形) [~しただろうに]

この形がゴチャゴチャに見えて(これは色弱検査の表を見るのと同じだ)なかなか覚えられない生徒のために、 上記下線部全体(would have done)を 「助動詞を使った過去完了形」 と命名するのである。

覚えるための便宜なのであるが、 これはドイツ語の助動詞を使った過去完了に当たるものであるから全く根拠のないものではない。 これで、 仮定法の過去時用の文型は両辺共に過去完了を使うと覚えればよい。

文例を一つだけ PEG p.306 から引用する。

If we had found him earlier we might have saved his life.
(もっと早く彼を見つけていたら、 命を救えたかもしれない)


仮定法過去完了形 + 仮定法過去形混合文章時(前半過去 + 後半現在)

話の都合でこういうことはいくらでも起こる。

The plane I intended to catch crashed and everyone was
  killed.
If I had caught that plane I would be dead now.
(私が乗るつもりだった飛行機が墜落し、 全員が死亡しました。もしあの飛行機に乗っていたら、 今ごろ私も死んでいるでしょう)
(PEG p.307)

日本の参考書では、この混合時の文例には「前半過去・後半現在」の文例しか載せていないとワトキンス氏がどこかで述べていた。彼の出した文例は確か下記のようなものだったと記憶する。

次項の頭の部分と重複するが、特に断っておく。

If he were a punctual man, he wouldn’t have been late then.
(彼が時間を守る人なら、あの時も遅れなかっただろうに)

前半は「常時」のことを表し、後半は「過去」のことを述べている。

前半が過去のことなら、後半も過去でなければならないと決め付ける方向にアタマが動いてしまう人は要注意。

規則が先にあって、それに当てはめてものを言うのではない。

言葉は、言う人の心理に従って選ばれる



スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。