スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(44)《仮定法-9》

何度も述べてきたが、英語では現在時に使う動詞形を未来時用にも使う

may, can, will 等の話法の助動詞(本書では簡単に法の助動詞という)の現在形に完了形の原形を繋いだものを「法の助動詞を使った現在完了」と命名して、 それを「法の助動詞を使った過去完了」等と対比してみる。

現在完了形は現在時に属する動詞形だからこれは未来完了として未来時用にも使いうるはずだが...

(過去向けの観察)

(1) 過去完了形
[must have done]
might have done
could have done
would have done
should have done

(2) 現在完了形
must have done
may have done
can have done
will have done
[shall have done]

(3) 過去形
[must do]
might do
could do
would do
should do

(4) 現在形
must do
may do
can do
will do
shall do

法の助動詞はこれだけではないが、 対比するためにこれだけを使った。

「型文法」 では仮定法で would have done を 平気で 「~しただろうに」 と過去向けに使うことを述べているにも拘わらず、 この would が will と現在形になって will have done となったとたんにこれは未来完了でなければならないとする奇態を演じている。

「will は未来」 という「ドブねずみ頭」に固まってしまうと(2)のところにはこれがどうしても入らない。

先に引用した[続] 英誤診 p.139 にも

◎She will have left by now.
[彼女は今頃はもう出発しているだろう]

という文例が挙げてあるのだが...

「ドブねずみ」 たちはこういうものを見ても自分の頭が受け付けないと無視してしまうのではなかろうか。

「そんな事を言うと生徒が混乱する」と言い抜けてはならない。

自分の頭の中を先ず変えなければならない

上記の表に少し注を付加する。

(1)欄: 間接話法における(2)欄の過去形にも使う。また、仮定法の過去時用にも使う。must 使った仮定法はないからカッコを付けた。

(2)欄: 「~してある、~したに違いない」 等の過去向けの推量など。 shallにもカッコを付けた。 You shall have died. で刺した後 「死んで頂きました」 と冗談口で言うのなら言えるかも知れないが...

(3)欄: 間接話法における(4)欄の過去形にも使う[mustは元々過去形(これは前述した)]。また、仮定法の現在・未来時用にも使う。must に再びカッコ。

(4)欄: 現在・未来に使用。

PEG の助動詞の項には may の見出しの次の行にいきなり 「現在と未来」 と記してある。 can の項も同じだ。

しかし、 テキスト(1)にも「青少年有害図書」にもそのようなことは一言もない。

生徒は「can には未来形がないから未来形は will be able to だ」 と思い込まされるのである。

must も未来には will have to でなければならないとなる。

学校・塾・予備校で十年一日の如くこういうことの繰り返しをやっている。 「学校ゴッコ」である。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。