スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《仮定法-17》

as if/as though の構文: 発話者の叙肯文的または叙否文的心理に従って、 直説法にも仮定法にも使う。 訳は 「あたかも~のように」

(1) 直説法での用例: 発話者が確信を持っている、 又は本当にそんな気になっている。

as if/as though の後ろには色々な動詞形がくる。

You look as if you know each other.
(お互いにご存じのようですね) (PEU p.76)

It looks as if it's going to rain.
(雨になりそうだ) (PEU p.75)

You look as if you've been running.
(君は今までずっと走っていたようだね) (PEU p.76)

It sounds as if/as though the situation will get worse. (ALEX p.33)

現実には存在しないことでも発話者が本当にそんな気になっているケース。

I feel as if/as though I'm floating on air.
(ALEX p. 33)

◎I feel as if I've got two left feet.
[まるで左足が2本あるみたいな気分だ]
([続]英誤診 p.152)

(2) 仮定法での用例: 発話者があり得ない架空のこと、 不明なこととして述べるもの。

これには was の代わりに were を用いることができ、 また口語体では was の方が普通だ(PEU p.76)という。
  
He looked at me as if I were mad.
(まるで私が気が狂っているかのように、 彼は私の顔を見た)
(PEU p.76)

as if/as though の前の部分は現実そのままを述べる叙肯文だから動詞は直説法だが、 as if/as though 以下の部分は現状・現実とのズレを述べるので仮定法だ。

しかし、 「直接話法と間接話法との書き換えごっこ」の弊害をモロに受けて、 この直説法の動詞の時間帯が変わると仮定法の部分の動詞も形が変わらなければならないという「ドブねずみ頭」ができ上がっている。

これに対し 「仮定法は時制の一致の制限を受けない」 という説明が一般に行われているが、 これに対しては後程、 別の解釈を加えてみる。

That Japanese speaks English as if he was an American.

That Japanese spoke English as if he was an American.
(変化せず)

He looks as if he had seen a ghost.

He looked as if he had seen a ghost.
(変化せず)

wish の構文でも同じことが言える。

I wish I were rich.

I wished I were rich.
(変化せず)

筆者は未だになぜ as if = as though なのかを知らないのでそのままにしておいた。 “成句 as though 「あたかも...かのように」は1200年ごろに初出”と「英語語源辞典」(研究社)にはあるのだが、それ以上の説明はないのでそのままにしておいた。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

tag : 仮定法 as if though

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。