スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法革命-(時制)

(3)《進行形の怪しい講師たち-3》

前項の keep ...ing のからむ keep standing は少し難しいことを含むので、 まず簡単な普通の be ...ing の問題点を見る。

西南女子短大の長文で、 アメリカと日本の教室内の雰囲気の違いを記した問題を使った教材があった。 ここに教材付属の模範解答の日本語訳を一部そのまま写す。

 (前略) アメリカの学校では、 子供たちは自主性と競争心をもつことを学ぶ。個人の発達に大きな重点が置かれる。
子供たちは意見を出し、学級の討論に積極的に参加するよう促される。日本でも子供たちは学習の過程に積極的に参加するが、その方法は異なる。日本の教育制度は、集団のための協調的な環境を作り出すことに重点を置いている。討論は短く、しゃべりすぎは礼儀正しくないと考えられる。情報に異議を唱えず黙って受け入れることは、学習の妨げになるとは考えられていない。
日本で教えているアメリカ人教師は、生徒がおとなしすぎると思うことがよくある。このことは失望と困惑を生み出すことがある。その教師は、生徒が学習するのはとうてい無理だと思うかもしれない。

下線はこちらで付けたが、この最後の段落の所の英文は次の通りである。
American teachers teaching in Japan often feel that students are too quiet. This can cause frustration and confusion. The teacher may think that the students cannot possibly be learning.

この “cannot possibly be learning” という進行形の部分の訳が 「学習するのはとうてい無理だ」 である。 進行形の訳が全くなされていない。 cannot を 「無理だ」 としてしまっている。 ここの learn は 「習得する」 という原義で取るべきだ。

アメリカでは生徒がどんどん自分の意見を活発に吐くのに対し、 日本では生徒がじっと黙っているのを見てアメリカ人の先生がこれでは生徒が 「とても習得しつつあるはずがない」 と思うのである。 進行形のみならず、 can の訳までおかしい。

この訳はこの問題を採択した講師が訳したものか、 どこかにあった訳を引き写したものかは分からないが、 引き写したものであってもこの部分は直してなければならない。

面白いことに、 全訳配布禁止ながら、 この教材には初めから全訳が印刷してあって、 生徒はそれを持って帰って復習することになっていた。

 さて、前項の keep standing に戻る。 ジーニアスの keep の項の語法の一部を引用する。また、この項は高校生用のフレッシュ・ジーニアスにも載っていることを追加しておく。

残念ながらstanding が“単に「立っている」という状態動詞の意味には解釈されない”のは何故なのかが書いてないが...


I keep standing for an hour. の standing は 「立ったり座ったりする」 反復動作、 ないしは 「自分の意志で座らずに立っている」 という動作動詞であり、 単に 「立っている」 という状態動詞の意味には解釈されない。



前項の整序問題はご丁寧にも冬季講習のテキストに、 もう一度採択されて載ることは前述のとおりだが、テキスト編集に当たる人気講師たちはこういった辞書の注釈すら読んでいないことはこれで明らかだ。

「K-1」の著者たちもテキスト(1)(2)で授業をしている、又はした。この学習書に記載してある彼らの学歴を見るといい。


英文法革命-(時制)

(2) 進行形が怪しい講師たち-2

keep ...ing 「~し続ける」 という公式がある。keep on ...ing とするとこの ...ing部は動名詞だが、 keep ...ing の方の ...ing 部は現在分詞だ。 意味は変わるがこの keep の所に be 動詞を入れ替えると進行形になる。

これに関して好例があるので、 それを使って先ず「進行形が怪しい」ということを示すことにする。

この keep ...ing に関して [続]英誤診[英誤を診る:河合出版(絶版)]の p.71~p.73 の記述を一部引用する。



◎I shouted at him, but he kept walking.
[彼に向かって叫んだが、 彼はなおも歩きつづけた]
◎The doctor advised him to stop, but he still kept walking
to work.
[医者はやめるように言ったが、 彼は歩いて通勤し続け た]  
▲They kept eating all the food.
(☞kept eating until all the food was gone)
[その食べ物が全部無くなるまで彼らは食べ続けた]
▲She kept lying in the bed, not moving.
(☞ layまたはremained lying)
[彼女は動かず、 じっとベッドに横たわったままだった]
▲The train was so crowded that I kept standing all the way.
(☞ had to stand) 
[汽車は非常に混んでいたので、 ずっと立っていなくてはなら
なかった]



ここに引用した文のうち初めの二つは正しく、 後の三つは誤りであることが分からなければならないのである。

誤文の一つ目は全部平らげるということをその場で何度も繰り返した、 二つ目はベッドに横たわるという動作をその場で何度も繰り返した、 三つ目はシートから立ち上がるという動作を降りるまでずっと繰り返したということである。

学校の 「型文法」 では 「進行形の意味」 などというものは教えてくれず、 また「keep ...ing = ~し続ける」を公式として暗記させるから、 このイトパス頭に固まった生徒たちは下の三つのような文を書いてそれが誤りであることが分からない。 講師も全く同じなのである。

面白いことにこの三つ目の文とほぼ同じものがテキスト(1)の練習問題の中に入っており生徒は keep standing と答えるようになっている。 整序問題である。

今朝は電車がとても混んでいて、 ずっと立っていなければならな
  かった。
This morning the train was so (crowded) (that) (I) (had) (to)
(keep) (standing) (all) the way.

人気率を常時70%保有するという、「キキケケ」たちの神様にここを示して「こんな問題が...」 と持ちかけてみたところ 「ああ、 こんな英語よくあるよ」 とのことであった。

更に言うならば、ご丁寧にもこの問題が冬季講習のテキストにもう一度入るのである。それ程「keep ...ing」という公式が重要らしい。

驚いたことにテキスト(2)の第6講に正しい文が文例として載っていた。

There being no vacant seats on the bus, I had to stand all
   the way.
[バスに空席がなかったので、 駅までずっと立っていなければならなかった]

このテキストは数人の講師がチームを組んで編んでいる。 彼らを選ぶのは 「教科書は否定できない!!」 と役人風を吹かせて見せる事務員たちである。 生徒は一体どうなるのだ?!

 だから自分は、こんな事務員たちを「キキケケ」と呼び捨てるのだ。彼らは生徒たちに対する「お邪魔虫」「ゴキブリ」でしかない生き物に過ぎないのだが、自分たちは「教育という綺麗なお仕事」としていると妄信している。

英文法革命-(時制)

(1)《進行形が怪しい講師たち-1b》

だが、 先の解説にある 「~などの動詞は、 状態を表すので進行形が作れない」 という所で 「状態を表す」 ということはどういう事であるのか、 「動作と状態」 は何によって区別できるのか、 更に、 「状態」 ならばなぜ進行形が作れないのか、などには何も言及していない。

進行形は確か中一で出てくる。 しかし、 学校の 「型文法」 では 「形と訳」 をくれただけで、 進行形は何を表すためにどう使うのか、 即ち 「進行形の意味用法」 は何もくれなかった。

その結果、 英作で進行形がまともに使える生徒は殆ど居ないという惨状になっている。 だから単純進行形と完了進行形の区別などは極めて理解困難という状態だ。

ともかく、 動作と状態の区別をつけることが先ず重要である。 英語のものの見方の根幹に係わるからである。 下の(1)を表すものが動作動詞、(2)を表すものが状態動詞である。

(1) [動作動詞 その場、 又は一定期間に始めと終わりが感じられる行為-動作
(2) [状態動詞] 始めと終わりが感じられない行為、又は、始めと終わりを意識していない行為-状態

進行形は英語本国人の混乱・誤用(?) から生じた動詞形であってヨーロッパでは英語とスペイン語にしかないという。ドイツ語には進行形はない。

更に、進行形には「意志・無意志」が絡む。ここから落ちこぼれが出てくる。抽象度が高いからだ。



英文法革命-(時制)

(1)《進行形が怪しい講師たち-1a》

「be+...ing を進行形といい“何々しつつある”というやつだ。「進行形が怪しいとはどういう事だ」と思われる向きもおられよう。

しかし、これは「will は未来だから分かっている」としてそこで学力の伸長が止まってしまうとどういう事になるかを見るのと同じ位に凄いことなのである。

大手予備校の英語講師にもよく分かっていない進行形だから「恐怖の進行形」と記ても良い。進行形にはまともに取り組む必要がある。

まずこの予備校のテキストを見る。is sleeping, was taking, will be havingという文例が3つあがっている。will be having はwillが入っているから、彼らにはこれが未来進行でなければならない。 これで進行形の3基本形を示したつもりなのだ。

will が未来を表すのではなく副詞で未来のことが分かるという解説も勿論ない。

即ち、 この形が He will be having dinner now. (彼は今夕食中だろう) と現在に使えるということはどこにも書いてない。

また、 自分の意志からでなく「~することになる」ということにも使うということも漏れているのは言うまでもない。

進行形は進行中の動作 「~しているところだ」を表す、とした後、進行形を作らない動詞-状態動詞という項目がある。この項目を筆写する。

belong to 「~に属している」 、 resemble 「~に似ている」 、 see 「見える」 、hear 「聞こえる」 、 like 「~が好きである」 、 know 「~を知っている」 などの動詞は、 状態を表すので進行形が作れない。 これらを状態動詞と言う。 逆に進行形をとれる動詞を動作動詞と言う。

「進行形が作れない動詞は状態動詞、作れる動詞は動作動詞である」という定義だ。ある動詞が他動詞なのか自動詞なのかの区別のつかない生徒が現在ではゴロゴロいる。だから状態動詞と動作動詞の区別のつかない生徒もゴロゴロ居る。

これに対し、進行形が作れるかどうかでその区別を定義して見せたわけだ。 この定義によれば、

  I'm staying with my uncle's. (いまおじさんの所に泊まっている)
He is standing on a chair. (彼は椅子の上に立っている)
She is still remaining here. (彼女はまだここに居残っている)

などに見る下線部の動詞は全て他動詞だということになる。

同じテキストで以前、 目的語を取るものは他動詞、 取らないものは自動詞とあったのだが... 上記だけで信用失墜だ。

はじめに

はじめに

 自分は御三家の一つである、ある大手予備校の英語講師をしていた。

 そこでは、事務員が「人気のある講師は学力がある先生である」として、彼らに教科書の編纂を依頼するのだが、「人気」と「学力」とは関係がない。

 日本は経済力では世界で二位とか三位に入るが、英語力は百何番だとか。

 日本人をここまで悲惨な状態にしてしまったのは中学・高校で行われている英語の授業である。

 そういった英語を自分は「ドブねずみ英語」と名付けて蔑称している。

 が、そういった英語しか知らない者が講師となって「人気」があるからと、英語教育とは何ら関係のない事務員たちが、彼らを奉るので、この予備校は「ドブねずみ英語」の最終的強化訓練の場となっていた。

 「教育」を看板に掲げながら、ここでも「英語の出来ない日本人」がライン生産されている。

 それで、この予備校で見た英文法テキストの出来のヒドサを白日の下に暴いて、このブログを通して本物英語に迫る目を持っていただくことを目論むことにした。
プロフィール

snack7

Author:snack7
関西の大手私立大学独文卒。JALスチュワードからパーサーとなるも7年で退職。元の独文の修士課程に戻り終了後短大のドイツ語非常勤講師などを経て、予備校英語講師となる。現在は在宅年金生活。1938年1月1日生まれ。

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
インフォタイプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。